司法書士費用

TOP司法書士費用

司法書士費用について

  • 完済後の過払い金請求の費用
  • 取引中の過払い金請求の費用

完済後の過払い請求の報酬基準

1社につき140万円以下の過払い請求の場合(=司法書士が代理人として過払い請求を行なう場合)で、債務が残っていない場合に適用される報酬基準です。

ご相談 0円(無料) ご相談に時間制限などは設けておりません。
お悩み、じっくりお伺いします。
着手金 0円(無料) 着手金は不要です。
基本料金 0円(無料) 完済後であれば基本料金は発生しません。
減額報酬 0円(無料) 利息制限法に基づく引き直し計算で債務が減少した事に対して、報酬は不要です。
過払い報酬金 20%(税別) 取り戻せた金額に対して掛かる料金となります。
訴訟の場合 訴訟実費 訴状に貼る印紙代、切手代、資格証明書取得費用等。
(→訴訟実費について詳しくはこちら)

(金額はすべて消費税別)

取引継続中の過払い請求の費用

1社につき140万円以下の過払い請求の場合(=司法書士が代理人として過払い請求を行なう場合)で、債務が残っている場合に適用される報酬基準です。

ご相談 0円(無料) ご相談に時間制限などは設けておりません。
お悩み、じっくりお伺いします。
着手金 0円(無料) 着手金は不要です。
基本料金 20,000円(税別) 2社以上ご依頼の場合。
30,000円(税別) 1社のみご依頼の場合。
減額報酬 0円(無料) 利息制限法に基づく引き直し計算で債務が減少した事に対して、報酬は不要です。
過払い報酬金 20%(税別) 取り戻せた金額に対して掛かる料金となります。
訴訟の場合 訴訟実費
訴状に貼る印紙代、切手代、資格証明書取得費用等。
(→訴訟実費について詳しくはこちら)

(金額はすべて消費税別)

是非、無料の引き直し計算サービスをご利用ください。

無料計算サービスはコチラ

ページの先頭へ

費用の計算例

残債務が50万円であったのが、利息制限法による計算でゼロになった場合
基本料金 30,000円 × 1社 = 30,000円
減額報酬 なし
合 計 30,000円

(金額はすべて消費税別)

残債務が50万円の2社から各50万円、合計100万円の返還があった場合
基本料金 20,000円 × 2社 = 40,000円
減額報酬 なし
過払い報酬 1,000,000円 × 20% = 200,000円
合 計 240,000円

(金額はすべて消費税別)

完済後の場合で、2社から100万円の返還があった場合
基本料金 なし
減額報酬 なし
過払い報酬 1,000,000円 × 20% = 200,000円
合 計 200,000円

(金額はすべて消費税別)

自己破産等他の債務整理手続きの費用

自己破産、民事再生、任意整理等の他の債務整理手続きの報酬については、多重債務の問題全体を広く解説致しました、「債務整理専門サイト(松谷司法書士事務所が運営)」で詳しくご説明しています。債務の整理をお考えであれば、こちらのサイトも是非ご覧下さい。
債務整理の費用について

債務整理・過払い請求の費用の
計算方法やお支払いの方法について、
ご不明な点やご質問があれば、
どんなことでもお気軽にご相談下さい!

メールでのご相談はこちら

相談のご予約

ご予約はこちらから

出張訪問サービス

地図 松谷司法書士事務所 兵庫県川西市栄根2丁目2番15号サカネビル3階

事務所案内はこちら

フリーダイヤル:0120-974-316
対象地域
兵庫県

・神戸市・尼崎市・西宮市
・芦屋市・伊丹市・宝塚市
・川西市・三田市・篠山市
・猪名川町・明石市
・加古川市・姫路市

大阪府

・大阪市・堺市・池田市
・箕面市・豊中市・吹田市
・茨木市・高槻市・摂津市
・寝屋川市・枚方市・守口市
・門真市・大東市・東大阪市
・能勢町・豊能町